ソフトバンク、STEM教育スクール開校…全国拡大へ

 ソフトバンクグループのSB C&Sは2019年6月、STEM教育推進のためSTEM教育スクール「STELABO(ステラボ)」事業を開始した。直営校である「STELABO汐留校」を6月12日に開校。ものづくりやプログラミング学習を提供する。

教育ICT 小学生
STEM教育スクール「STELABO」
  • STEM教育スクール「STELABO」
  • STEM教育スクール「STELABO」
 ソフトバンクグループのSB C&Sは2019年6月、STEM教育推進のためSTEM教育スクール「STELABO(ステラボ)」事業を開始した。直営校である「STELABO汐留校」を6月12日に開校。ものづくりやプログラミング学習を提供する。

 STEM教育とは、科学(Science)・技術(Technology)・工学(Engineering)・数学(Mathematics)を総合的に学ぶ教育のこと。STELABOは、幼児から小学生を対象にものづくりやプログラミング学習を提供し、「理数とICTの基礎力」「創造し表現する力」「自ら深く考える力」「協力して学び合う力」の4つの能力を育むことを目指している。

 従来の暗記型学習でなく、「つくることで学ぶ」という新しい学習法を採用。授業では、道具や機械の原理・仕組みの知識を学んでから、ブロックを使って道具や機械を制作する。タブレット端末でロボットのプログラミングを行い、試行錯誤しながら制作したものが思いどおりに動くかを確かめる。このサイクルを繰り返すことで、これからの社会で必要とされる4つの能力を育むという。

 カリキュラムと指導ノウハウは、STEM教育の第一人者である石原正雄氏が監修。小学校などの教育機関でも多く導入されている「STEMON(ステモン)」のメソッドを採用し、世界のSTEM教材やロボットの中からSB C&Sが厳選した先進の教材を使用する。さらに、ソフトバンクグループならではの、通信・IoT・情報セキュリティなど、カリキュラムの充実を図る予定だ。

 事業の皮切りとして、直営校であるSTEM教育スクール「STELABO汐留校」を6月12日に開校する。今後は、パートナー企業を募り、フランチャイズ展開を行うことで、STELABOを全国に拡大していくとしている。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)