リセマム6周年

【2015重大ニュース 暮らし】ノーベル賞や英検値上げ、選挙年齢を18歳に引き下げ

生活・健康 その他

Nobelprize.org
  • Nobelprize.org
  • 英検の各級における測定技能一覧(2015年度まで)
  • 18歳選挙権特設ホームページ
  • 子どもの貧困対策・子どもの未来応援プロジェクトのサイト「子供の未来は日本の未来」
  • 待機児童数の学年別状況
  • リーフレットの内容(一部抜粋)
  • 五郎丸選手のじゆうちょう(税別250円)
 日本漢字能力検定協会は12月15日、今年の漢字に「安」が選ばれたことを発表。安全保障関連法案の審議やテロ事件、地球規模の異常気象、さらに建築偽装問題が話題になったことは記憶に新しい。一方で、ラグビーW杯や五郎丸歩選手、フィギュアスケートの羽生結弦選手が世代にこだわらない人気を博し、お茶の間に明るい話題をもたらした。

 保護者と子どもたちの生活に係わるニュースから、リセマムが選ぶ2015年「暮らし」重大ニュースを発表する。

◆ノーベル医学・生理学賞と物理学賞の受賞
ノーベル医学生理学賞、大村智氏が受賞…お祝いコメント続々
ノーベル物理学賞、梶田隆章氏が受賞…ニュートリノに質量を発見

◆英検、4技能化と値上げ
英検「2級」が4技能化、2016年度よりライティング導入
英検、「2級」「4級」「5級」検定料を値上げ…平成28年度より
英検、4技能化に伴い合否判定や問題形式を2016年度第1回よりリニューアル

◆待機児童問題と解消に向けた小学校教諭登用の動き
待機児童数5年ぶり増加…受け皿拡大も希望者急増に追い付かず
保育士として幼稚園・小学校教諭を配置…保育士の意見は?
待機児童数は過去最多の約1.7万人、H27放課後児童クラブの実施状況

◆拡がる格差、子どもの貧困問題
子どもの貧困率が増加、就学援助率は過去最高の16%
子どもの貧困対策、放置した場合の経済的損失は2.9兆円…日本財団
子どもの貧困対策、手当増額や休暇中の給食提供など13項を提言
厚労省、子どもの貧困対策に前進…10月特設サイトオープン
子どもの貧困対策、大綱を閣議決定…教育費の負担軽減など
未就学児の教育費、家庭負担が高いのは「日本」…OECD調査

◆奨学金トラブル
院生の4人に1人、奨学金で500万円以上の借金…返済に不安
第二種奨学金(海外)資格を卒業後3年以内に拡大…日本学生支援機構 10/13
奨学金という「借金」、20年間返済できるか考えて…弁護士がアドバイス

◆ついに動き出したマイナンバー
マイナンバー法が施行、1人12桁の個人番号…2016年より運用開始
奨学金にマイナンバー活用か…所得連動型返還制度
政治経済に関心のある大学1年生は8割超…マイナンバーや安保法案で高まる

◆選挙権年齢を満18歳以上に引き下げ
選挙権18歳引き下げ、高校生向け副教材公開…文科省・総務省
高校生の政治活動、文科省が「学校外」「学業に支障ない」条件付きで容認
18歳選挙権、未成年者の7割が「選挙に行きたい」

◆教職員定数を巡る課題
文科相「教員4万2千人削減は机上の空論」財務省に反論
小中学校で教員数削減、国立大で授業料値上げなど…財政制度分科会
文科省、今後10年で教職員定数3万人以上の増員を計画
H28年度教職員、525名の加配定数…幼児教育の段階的無償化へ一歩も
平成28年度予算案、文部科学関係は5兆3,216億円…前年比133億円減

◆建築偽装…横浜マンション問題
公立小中学校の建築点検、694校で不適切…3年以上の未是正も
横浜マンション傾斜問題の旭化成建材、調査対象に学校342校も
旭化成の杭工事調査、首都大ほか学校28件でデータ流用(11/13時点)

◆五郎丸に羽生、人気選手が活躍
五郎丸選手のじゆうちょう発売…文具・グッズほか2016年2月発売
アニソンの帝王が小学校の道徳教材に登場…羽生くん、ドラえもんも
お父さんだったら運動会に来てほしいアスリートは「イチロー」

◆国内で「教師の日」を制定する動き
今日は何の日? 10/5は教師の日
10/5は教師の日…品女校長・乙武氏ら登壇、未来をつくる教師のフォーラム
《編集部》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)