大学生、就職活動におけるSNS利用率は47.3%

デジタル生活 その他

転職活動でSNSを利用していますか?
  • 転職活動でSNSを利用していますか?
  • 転職活動で利用しているSNS
  • SNS別の利用目的
 インテリジェンスが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」は28日、転職活動におけるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の活用状況に関するアンケート調査結果を公表した。

 調査期間は2011年10月22日~23日で、ホワイトカラー系の正社員として就業中の25歳~39歳の男女1000名から回答を得たもの。それによると、「転職活動でSNSを利用している人」の割合は全体の9.8%になった。一方で、「大学生の就職活動におけるSNS利用率」は47.3%(電通PR調べ)とされており、“転職活動におけるSNSの利用は、就職活動に比べ積極的でない”と推測されている。

 SNS別の利用率を見てみると、「mixi」が6.3%と最多(就職活動では18.7%)で、「Facebook」の4.7%(就職活動では31.7%)、「Twitter」の4.3%(就職活動では34.3%)が続いた。日本語化された「LinkedIn」は1.9%(就職活動では0%)に留まった。

 各SNSの利用目的を見てみると、全てのSNSで「人脈を築く」が最も多く、次いで「企業や求人の情報収集」が続いた。3番目に多い目的はSNSによって異なり、mixiは「転職ノウハウを知る」、Twitter、LinkedInは「他の転職者の動向を知る」、Facebookは「転職ノウハウを知る」「他の転職者の動向を知る」が同率となった。

SNS利用率、「就職活動」47.3%に対し「転職活動」では9.8%……デューダ調べ

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)