スマホ紛失・盗難は3.5秒に1回発生、被害総額300億ドル…米調査

 モバイルセキュリティ企業の米Lookoutは22日(現地時間)、スマートフォンの紛失や盗難についての統計を発表した。アメリカでのスマートフォンの紛失による被害総額は300億ドルにも登るという。

デジタル生活 モバイル
世界の紛失、盗難発生状況
  • 世界の紛失、盗難発生状況
  • 東京での紛失、盗難は1人あたり2年に1回と少ない
 モバイルセキュリティ企業の米Lookoutは22日(現地時間)、スマートフォンの紛失や盗難についての統計を発表した。アメリカでのスマートフォンの紛失による被害総額は300億ドルにも登るという。

 Lookoutの提供するiOS及びAndroidアプリは、スマートフォンが紛失や盗難にあったときに地図上でその位置を表示することができ、同社ではこのアプリが使用されたデータから紛失や盗難の状況を統計データにまとめた。それによると、昨年1年間で同社のサービスにより位置がわかったスマートフォンは900万台。単純計算では3.5秒に1回の割合で紛失、盗難が発生していることになる。また、アメリカのスマートフォンユーザーは毎年1回、スマートフォンを紛失している計算になる。

 地域別のデータも発表され、紛失、盗難が多い都市の多くは犯罪発生件数の多い都市であることがわかった。また、世界中のスマートフォンの紛失状況が一目でわかるWebページMobile Lost & Foundも公開され、こちらでは日本の状況も読み取れる。それによると東京の人がスマートフォンを紛失、盗難する場所は史跡、レストラン、コンビニ、公園の順だという。史跡がトップなのは外国人観光客が旅行中に紛失するケースと考えられる。

スマートフォンの紛失や盗難による被害総額は、アメリカだけで300億ドル……Lookoutが発表

《山田 正昭@RBB TODAY》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)