あなたは解けますか? 話題の「幼児には解けて大人には解けない」クイズ

教育・受験 その他

TwitterやFacebookで話題となっている「幼児なら解けるが大人は解けない」問題
  • TwitterやFacebookで話題となっている「幼児なら解けるが大人は解けない」問題
  • Twitterのトレンドにも関連用語が。最後の問題の解答は「2」、解法は数字の中の「○」の数
  • 問題を紹介したブログ。アクセスが多数あったとTwitterで報告している
 Facebook発とされるクイズがTwitterなどで話題となっている。曰く、「幼児には解けるが大人には解くのに時間がかかる」クイズだという。

 問題は英文で「就学前の子どもなら5分から10分で解けるが、プログラマーや高学歴者は1時間もかかっている。さあ、あなたも挑戦してみよう」となっており、4桁の数字がある数字と対応した式を表示している。そして最後に「2581=???」となっている。

 この問題がTwitterやFacebokkで拡散され、Twitterなどでは、「解けた。幼児の頭ってこと?」「全然解けない」などの反応が多数ツイートされており、Twitter「トレンド」にも関連の用語が入っている状態だ。

 ヒントは「幼児なら解ける」といったところで、トンチに近い問題といえる。短時間で解けた大人も「柔軟な頭脳の持ち主ってことだね」など自賛の声もあり、頭の体操になる問題だ。

「幼児なら解けるが大人は解けない」クイズがTwitterなどで話題に

《関口賢@RBB TODAY》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)