金環日食、危険な日食メガネのチェックポイント

生活・健康 その他

危険な日食メガネの見え方イメージ
  • 危険な日食メガネの見え方イメージ
  • 可視光線を十分に減光している製品の見え方イメージ
  • 天文教育普及委員会
 「天文教育普及研究会 安全な日食観察ワーキンググループ」は、インターネットで販売されていた、デメテル株式会社の「日食観賞用グラス」について、フィルター部分の光の透過率の測定を実施。

 その結果、安全性の目安とされる数値を大きく上回り、太陽観察には適さない高い透過率であったことを発表した。同委員会では、この製品を日食観察に使用することのないように注意を呼び掛けている。

 なお、同委員会では、明らかに危険な製品の見分け方として、以下のポイントを挙げている。

・室内の蛍光灯を見て、一見して明るく、形がはっきりと見える製品(※可視光線を十分に減光している製品の多くは、かすかに蛍光灯を確認できる程度の見え方となる)

・可視光線や赤外線の透過率が高い製品(※安全性の検討材料となる数値として、可視光線で0.003%以下、赤外線で3%以下という目安がある。あくまで目安)

・LEDライトなどの強い光にかざした時に、ひび割れや穴が確認できるもの

不適切な透過率で危険な日食メガネを公表……天文教育普及委員会

《白石 雄太@RBB TODAY》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)