【高校受験2013】千葉県立高校の指導重点校追加、12校程度を想定

教育・受験 学校・塾・予備校

 千葉県教育委員会は7月2日、県立高校における指導重点校として、2013年度から「匝瑳高校」を追加すると発表した。全体として12校程度の指定を想定しており、2014年度以降、他の地域で1~2校程度を指定する予定で検討を進めているという。

 匝瑳(そうさ)高校は、大正13年に設立した歴史ある学校で、全日制は普通科と理数科、英語科の3学科、定時制は普通科がある。

 同教育委員会では、特色ある学校づくりをさらに推進するため、高校と特別支援学校に指導重点校を指定している。このうち、高校では、自己啓発指導重点校4校、進学指導重点校9校、中高一貫教育重点校1校を指定している。

◆千葉県立高校の指導重点校
自己啓発指導重点校:4校
(2004年度から)浦安高校、姉崎高校
(2006年度から)船橋法典高校、上総高校

進学指導重点校:10校
(2004年度から)千葉東高校、船橋高校、佐原高校、長生高校、木更津高校
(2007年度から)東葛飾高校、安房高校
(2010年度から)佐倉高校、成東高校
(2013年度から)匝瑳高校(追加)

中高一貫教育重点校:1校
(2008年度から)千葉中学校・千葉高校
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)