成人年齢18歳に引下げ、4割が反対…10代の世論調査

生活・健康 その他

成人年齢を18歳に下げることについて
  • 成人年齢を18歳に下げることについて
  • 選挙年齢を18歳に下げることについて
  • 今の日本の政治について
  • 現在の日本は良い方向に向かっているかについて
 模擬選挙推進ネットワークは、10代を対象に「10代の世論調査2012(前期)」を実施し、7月14日に結果を発表した。成人年齢を20歳から18歳に引き下げることについて、39.8%が反対していることが明らかになった。

 同調査は、2012年5月16日~6月13日に小・中・高校生合計1,999人に質問紙方法で26項目にわたるアンケートを行った。なお、模擬選挙推進ネットワークは、2006年11月に設立し、学生、教職員、団体職員、企業人などによって構成される中立な団体。

 成人年齢を20歳から18歳に引き下げることと、選挙年齢を18歳に引き下げて若者層の政治参加を促すことが検討されている。成人年齢を18歳に下げることについて、39.8%が「賛成しない」、選挙年齢を18歳に下げることについて、33.1%が「賛成しない」という。また、今の日本の政治に関心があるかについて、44.7%が「関心がない」という結果だった。

 「全体的にみて、現在の日本は良い方向に向かっていると思いますか?」という質問について、「そう思わない」(33.5%)、「あまり思わない」(40.0%)、「どちらとも言えない」(20.9%)、「少し思う」(3.7%)、「そう思う」(1.4%)で、良い方向に向かっていると思うのは、わずか5.1%だった。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)