ソフトバンクグループ、小学生向け体験型環境教育プログラム開始

 SBエナジーとエデュアス、教育と探求社の3社は9月20日、iPadなどの携帯情報端末を活用し、小学生向けに体験型の環境教育を行うプログラム「未来×エネルギー プロジェクト」を開始すると発表した。

教育ICT 学校・塾・予備校
コンテンツイメージ
  • コンテンツイメージ
  • SBエナジーのホームページ
  • エデュアス
  • 教育と探求社
 SBエナジーとエデュアス、教育と探求社の3社は9月20日、iPadなどの携帯情報端末を活用し、小学生向けに体験型の環境教育を行うプログラム「未来×エネルギー プロジェクト」を開始すると発表した。

 同プログラムは、昨今の環境問題やエネルギー問題に対する社会的な関心の高まりを背景に、未来を担う子どもたちが主体的かつ創造的にそれらの問題を考える機会を提供することを目的としている。

 小学校に講師を派遣し、動画やiPadコンテンツを教材として活用するオリジナルのプログラムとなっており、身の周りのエネルギーの存在や生活の中でのエネルギーの使われ方、自然界に存在するエネルギーの活用方法を学習する。とくに iPad などの携帯情報端末を活用することで、子供たちの学習意欲と理解を高めるという。

 まず、京都府京都市伏見区の明親小学校で最初に同プログラムを実施する。同じ伏見区内には、2012年7月1日より営業運転開始したのメガソーラー発電所「ソフトバンク京都ソーラーパーク」がある。

 なお、ソフトバンクグループで自然エネルギー事業などを行うSBエナジーが運営主体となり、ソフトバンクグループで教育事業を担うエデュアスが運営サポートする。教育と探求社がカリキュラム開発を行う。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)