丸ノ内線・日比谷線、携帯電話サービスエリア拡大

デジタル生活 モバイル

新たに携帯電話サービスが利用可能となった区間(赤色)
  • 新たに携帯電話サービスが利用可能となった区間(赤色)
 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・アクセスの携帯電話事業者4社は7日、東京メトロにおいて、丸ノ内線および日比谷線におけるサービスエリア拡大を発表した。

 新たに利用可能となるのは、丸ノ内線の新中野駅~荻窪駅間(12日正午より)と、日比谷線の築地駅~日比谷駅間(15日正午より)。これにより、駅構内だけではなく、各駅間のトンネル内においても携帯電話によるインターネット接続およびEメールの送受信をスムーズに行うことが可能となる。

 なお銀座線(神田駅~銀座駅)、丸ノ内線(茗荷谷駅~淡路町駅)、日比谷線(日比谷駅~中目黒駅)、千代田線(綾瀬駅~湯島駅)、南北線(市ケ谷駅~赤羽岩淵駅)は、従来より利用可能。

東京メトロ丸ノ内線・日比谷線、携帯電話サービスエリアを拡大

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)