すららネット、ジュニア向けSkype英会話授業と小学生向け学習ソフトの提供開始

教育ICT 学校・塾・予備校

Skype英会話イメージ
  • Skype英会話イメージ
  • 自立応援学習プログラム「すらら」
  • がくげい「スタディパーク」
 すららネットは、eラーニングアニメーション教材「すらら」に加え、4Communication のサービスを「すらら」準拠の形にしたジュニア向けSkype英会話授業「おしゃべリンガ」と、小学1~6年生の学習範囲をカバーするがくげいの「スタディパーク」を12月1日より提供する。

 「おしゃべリンガ」は、小学4年生以上が対象のジュニア向けSkype英会話授業で担任制外国人講師とのマンツーマン授業が特徴。「すらら」と連動した構成にするため、導入塾の講師が事前に学習した範囲を、Skype英会話授業を受け持つ外国人講師に共有。また、授業中も「すらら」の画面をデスクトップで共有するなど、「外国人と話すだけ」になりがちなSkype英会話ではなく、文法力も同時に高められるサービスとなっている。

 さらに「スタディパーク」は、小学生を対象とした教材で、がくげいの小学生向け学習ソフトウェア「ランドセルシリーズ」(算数・国語・英語・理科・社会・音楽・家庭・体育等)などををオンライン化したもの。小学1年生からカバーすることによって今まで高学年からだった学習対象の幅を更に広げる形だ。

 利用にあたっては、「すらら」のIDが必要で、「すらら」の導入塾を通じて提供する。また、利用料金は「すらら」を導入する塾・学校により異なるので確認してほしい。
《田邊良恵》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)