お年玉、44%の親が「子ども名義で全額貯金」

生活・健康 その他

わが子がもらうお年玉の予想額
  • わが子がもらうお年玉の予想額
  • お年玉の使い道
  • お年玉は何歳まであげるか
 不動産・住宅情報サイト「HOME'S」を運営するネクストは12月20日、「2013年予想・お年玉事情ランキング」を発表した。わが子がもらうお年玉の予想額は50%の人が10,000円以内と回答し、44%が「全額親が預かり、子ども名義で貯金する」ことが明らかになった。

 同調査は、2012年12月3日~12月9日の7日間、20~60代の男女797名を対象に暮らしといっしょFacebookページ内でアンケートを実施した。

 わが子がもらうお年玉の予想額(親から子どもへのお年玉は除く)は、1位「10,000円~20,000円」21%、2位「0円」16%、3位「5,000円~10,000円」15%、3位「20,000円~30,000円」15%、5位「3,000円~5,000円10%、6位「~3,000円」9%と、50%の人が10,000円以内であった。

 お年玉の使い道は、1位「全額親が預かり、子ども名義で貯金する」44%、2位「一定金額まで子どもにまかせ、残りは子ども名義で貯金する」27%、3位「全額子どもにまかせる」24%、4位「全額親が預かり、生活費等に充てる」2%、5位「一定金額まで子どもにまかせ、残りは生活費等に充てる」2%、6位「その他」1%となった。

 お年玉は何歳まであげるかについて、1位「高校生まで」41%、2位「20歳まで」20%、3位「大学生まで(20歳以上の学生)」20%、4位「中学生まで」11%、5位「小学生まで」7%、6位「結婚するまで」2%という結果だった。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)