【高校受験2013】福岡県公立高校推薦入学の志願倍率1.31倍、最高は明善(理数科)の3.75倍

教育・受験 受験

推薦入試志願状況の昨年度との比較について
  • 推薦入試志願状況の昨年度との比較について
  • 志願率の高い高校
 福岡県教育委員会は2月7日、県内公立高校推薦入学の志願状況を発表した。志願倍率は1.31倍で、昨年度に比べて0.05ポイント低下した。

 県立高校の志願状況は、推薦募集定員4,704人、志願者数6,143人で、志願倍率は1.31倍となり、昨年の1.38倍と比べ0.07ポイント減少。公立高校は、推薦募集定員634人、志願者数836人で、志願倍率は1.32倍となり、昨年の1.20倍と比べ0.12ポイント上昇した。

 普通科系高校で志願倍率がもっとも高い学校は「明善(理数科)」3.75倍、昨年の2.38倍から1.37ポイントと大きく倍率を上げた。2位は「筑紫丘(理数科)」の3.40倍。昨年度、もっとも高い倍率だった「修猷館(普通科)」は昨年度の3.96倍から3.37倍へと倍率を下げた。

 推薦入試は2月12日(火)・13日(水)に面接・作文・実技等を実施。2月18日(月)に内定通知を行う。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)