【高校受験2013】開成高校、過去5年間で最高の3.9倍で166人が合格

教育・受験 受験

開成高校:入試状況
  • 開成高校:入試状況
  • 開成高校:入試結果
  • 開成高校:過去の入試結果
 開成高等学校は、2月10日に実施した高校入試の結果をホームページに掲載した。平成25年は中学入試と同様、過去5年間でもっとも高倍率となった。

 今年は、定員100人に対し659人が出願し、647人が受験。出願者、受験者ともに過去5年間で最高となった。一方で合格者は166人と5年間でもっとも少なく、倍率は3.9となった。

 入試結果は、400点満点(国語・数学・英語:各100点/理科・社会:各50点)中、合格者平均が268.2点で、全体平均が221.1点、合格者最低点は247点だった。

 今年の傾向としては国語の易化があげられよう。例年合格者平均が50点台なのに対し、今年は75.3点の高得点となった。一方で英語の合格者平均は昨年より13.7点低い62.8点で、過去5年間で最低となった。

 合格発表は12日に行われ、入学手続きは13日となっている。
《田村麻里子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)