NEC、北九州市教委の校務支援クラウド構築…4月より全面稼動

教育ICT 学校・塾・予備校

北九州市教育委員会の校務支援サービスの概要図
  • 北九州市教育委員会の校務支援サービスの概要図
  • NEC「学びの扉 校務支援システム」
 NECは3月26日、NTT西日本と共同で、北九州市の幼小中特別支援学校210校、教職員約6,000人が利用する校務支援サービス基盤を構築したと発表した。北九州市教育委員会は、2012年4月から順次サービスを利用開始しており、2013年4月より全面稼働となる。

 北九州市は、校務のクラウドサービスを利用する理由として「紙で記録・管理していた文書を電子化することによる校務効率化」「教職員が転勤の際にスムーズに転勤先の業務を習得できる」「高いセキュリティレベルで情報を一元管理する必要性」としている。

 北九州市教育委員会は、クラウドサービスによる校務の情報化により、業務の効率化を図り、教職員が児童・生徒と接する時間がより多く取れるようになったという。また、教育委員会と学校の文書連絡も効率化し、要報告事項の期日前回答率は、導入前の約70%から95%に向上した。

 NECは、校務支援パッケージソフトウェア「学びの扉 校務支援システム」を活用し、北九州市教育委員会のプライベートクラウドを構築。運用・管理は新たに専用のサービスデスクを設け、学校現場での負担を軽減。また、高度なセキュリティ環境を用意し、校務の情報化の安心・安全な運用を実現している。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)