2013新人は「目立ち、出世したい」傾向…マイナビ新入社員意識調査

生活・健康 その他

あなたが「今、発揮できる力」「これから必要だと思うスキル」はどんな力・スキルだと思いますか
  • あなたが「今、発揮できる力」「これから必要だと思うスキル」はどんな力・スキルだと思いますか
  • 出世したいと思いますか
  • 会社で目立つ(出る杭になる)ことについて
  • 仕事とプライベートについて
 マイナビは4月26日、2013年4月入社の新入社員を対象とした「2013年マイナビ新入社員意識調査」の結果を発表した。今年の新入社員は、成功や地位を求め、目立ち、出世したいという傾向にあるという。

 同調査は、3月28日~4月5日に同社が実施する新入社員研修に参加した、各企業の新入社員計1,803名を対象に実施したアンケートをまとめたもの。同社では調査を2011年から実施しており、今回で3回目となる。

  「あなたが今、会社で発揮できる力はどんな力だと思うか」(複数回答可、3つまで)の質問で、もっとも多かった回答が「物事に進んで取り組む力」(55.9%、昨年比2.7pt増、昨年2位)、2位が「相手の意見を丁寧に聞く力」(54.5%、昨年比1.9pt減、昨年1位)、3位が「社会のルールや人との約束を守る力」(40.9%、昨年比1.0pt増、昨年3位)という結果に。順位は入れ替わったものの、トップ3は昨年と同じ結果となった。

 一方、「これから自分に必要だと思うスキルはどんなスキルだと思うか」については、1位が「自分の意見をわかりやすく伝える力」(50.0%、昨年比0.9pt増、昨年1位)、2位が「他人に働きかけ巻き込む力」(34.6%、昨年比1.1pt増、昨年2位)、3位が「現状を分析し目的や課題を明らかにする力」(30.6%、昨年比1.5pt減、昨年4位)、4位が「目的を設定し確実に行動する力」(30.1%、昨年比2.1pt減、昨年3位)となった。

 2013年の新入社員は、自身では物事に進んで取り組めると思いつつも、他人に発信し働きかけることは課題としていることから、自ら積極的に取り組むが、他人に自ら発信し一緒に何かを成し遂げるということに苦手意識を感じており、自ら課題や目的を設定する力も必要であることを認識しているようだ。

 また、「出世したいと思うか」という質問には、「出世したい」(49.7%)、「どちらかといえば出世したい」(38.7%)が合わせて88.4%となり、「出世願望」を持つ新入社員が約9割という結果となった。さらに、「会社で目立つ(出る杭になる)」ということについては、「目立ちたい、どちらかといえば目立ちたい」合わせて66.1%となり、約3人に2人が「目立ちたい」と回答した。これにより、今年の新入社員は仕事に対し「楽しさを求める」よりも、「成功や評価・地位を追い求め、出世したい。会社で目立ちたい」という傾向が比較的強いことがうかがえる。

 次に、「仕事とプライベートについて」は、「仕事優先の生活を送りたい」が7.0%(昨年比1.3pt減)、「どちらかといえば仕事優先の生活を送りたい」が44.3%(昨年比1.7pt減)と、「仕事優先」が昨年比3.0pt減の51.3%となり、3年連続の減少となった。また、「プライベート優先の生活を送りたい」が7.4%(昨年比0.9pt増)、「どちらかといえばプライベート優先の生活を送りたい」が38.9%(昨年比0.8pt増)となり、「プライベート優先」が合わせて昨年比1.7pt増の46.3%となり増加傾向となった。
《楠原 恵子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)