Windows 8搭載タブレットでは世界最小、Acerに8インチモデル登場

デジタル生活 モバイル

8インチのWindows 8搭載タブレット「Iconia W3」
  • 8インチのWindows 8搭載タブレット「Iconia W3」
  • オプションで「Iconia W3」本体よりも大きいフルサイズのBluetoothキーボードが用意
  • 背面に取り付けて持ち運ぶことも可能
 Acerは3日(現地時間)、初の8インチWindows 8タブレット「Iconia W3」を発表した。Windows 8搭載タブレットとしては世界最小だという。「COMPUTEX TAIPEI 2013」開幕前日のプレスカンファレンスで明らかにした。

 ディスプレイには8.1型のタッチ対応液晶を搭載。CPUはAtom Z2760(1.8GHz)で、メモリ2GB、ストレージは32GB/64GBモデルが用意される。Office Home and Student 2013がプリインストールされる。

 ワイヤレスはIEEE 802.11b/g/n、Bluetooth4.0、前面と背面に200万画素カメラ、インターフェイスはMicro HDMI出力、Micro USB、microSDカードスロットなど。本体サイズは幅218.96×高さ134.9mm×奥行11.35mm、重量は500g。バッテリー駆動時間は8時間。

 オプションで「Iconia W3」本体よりも大きいフルサイズのBluetoothキーボードが用意され、キーボードの背面に取り付けて持ち運ぶことも可能。

Acer、世界最小8.1インチのWindows 8搭載タブレット「Iconia W3」

《関口賢@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)