SNSのグループメンバーが協力して出版「これからの『教育』の話をしよう」

教育ICT その他

これからの「教育」の話をしよう
  • これからの「教育」の話をしよう
  • 目次
 Facebookの会員制グループ「学校広報ソーシャルメディア活用勉強会」は6月7日、2012年に開催したカンファレンスの内容を書籍化した「これからの『教育』の話をしよう」をインプレスR&Dより発刊する。印刷書籍版は1,580円、電子書籍版は1,100円。

 学校広報ソーシャルメディア活用勉強会(略称:GKB48)は、2011年8月にFacebook上に設立した会員制のグループ。GKB48の「48」は、47都道府県+海外を意味する。学校広報担当者だけでなく、学校運営や教育問題、ソーシャルメディアについて関心を持つ教育関係者800人以上が参加し、未来の教育についてオープンな議論を展開している。

 GKB48の活動を社会に広く伝えようと、2012年6月5日に開催されたカンファレンス「これからのデジタル教科書の話をしよう~成果発表と2012年提言~」では、気鋭の論者16人が登壇。離島における高校活性化の取り組みや、学校におけるソーシャルメディア利用の現状、東日本大震災後の大学の活動など、多くの事例を交えながら、教育改革論が語られた。

 このたび、SNSのグループメンバーが協力して、カンファレンスでの講演内容やメッセージを収録した「これからの『教育』の話をしよう」を発刊。気鋭の論者16人のスピーチからソーシャルメディアの力を活かした新時代の教育の姿が展望できる。

 印刷書籍と電子書籍を同時販売し、印刷書籍版は1,580円、電子書籍版は1,100円。

◆これからの「教育」の話をしよう
編者:学校広報ソーシャルメディア活用勉強会
出版社:インプレスR&D
発売日:2013年6月7日
印刷書籍版仕様:A5判/モノクロ/本文146ページ
価格:印刷書籍版は1,580円、電子書籍版は1,100円
目次:
【16人のスピーチ】
01 意志の微分、意欲の積分
 社団法人全国学力研究会理事長河本敏浩
02 辺境から日本を変える:教育のイノベーション
 島根県立隠岐島前高校魅力化プロジェクト藤岡慎二
03 学校教育×情報化×ソーシャルのポテンシャル
 国際大学GLOCOM 豊福晋平
04 ボードゲームで考える力を学ぶ~マインドラボ実践報告~
 フューチャーインスティテュート株式会社為田裕行
05 信頼関係の構築をICT で支援することは可能か~馬の教育から学んだこと~
 電子システム株式会社渡邊淳
06 反ソーシャルな妻の話
 龍谷大学国際文化学部教務課中島崇史
07 2人に1人が進学も就職もしない通信制高校の現状を変える
 特定非営利活動法人D×P(ディーピー)共同代表今井紀明
08 教育の再生に必要なもの
 広尾学園中学校高等学校教諭金子暁
09 探求型教育が育む「市民の力」
 株式会社教育と探求社宮地勘司
10 幸福のための教育
 国際文化アナリスト目崎雅昭
11 復興girls*の被災地支援活動
 岩手県立大学総合政策学部学生復興girls*
12 東日本大震災の状況とその対応
 石巻専修大学事務職員千葉真哉
13 教育を学校に丸投げしない社会へ
 特定非営利活動法人NPOカタリバ今村亮
14 学校が「ふるさと」であるために~SNSの可能性をめぐる進路指導部の試み~
 佼成学園高等学校教諭西村準吉
15 あまりにも短いソーシャルメディアの歴史
 共同通信社デスク浜村寿紀
16 それはまだ早いという私たちの誤解
 進路づくりプロデューサー倉部史記
【おわりに】
ソーシャルな学校を作ろう
 中央大学情報環境整備センター渡邉純一
教育の「これまで」「今」そして、「これから」の教育について語ろう
 東京都立晴海総合高等学校教諭千葉吉裕
【GKB48の活動履歴】
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)