小中学生に読んでほしい100冊選定…香川県教委

 香川県は、子どもたちに本に親しんでもらおうと、「香川の子どもたちに読んでほしい100冊」を選定した。学年別におすすめの本を選び、県立図書館で特別コーナーを設置するなどして、小中学生に紹介している。

趣味・娯楽 その他
香川の子どもたちに読んでほしい100冊
  • 香川の子どもたちに読んでほしい100冊
  • 小学校1・2年生へのオススメ
  • 小学校3・4年生へのオススメ
  • 小学校5・6年生へのオススメ
  • 中学生へのオススメ
 香川県教育委員会は、子どもたちに本に親しんでもらおうと、「香川の子どもたちに読んでほしい100冊」を選定した。学年別におすすめの本を選び、県立図書館で特別コーナーを設置するなどして、小中学生に紹介している。

 小学校低学年、中学年、高学年向けにそれぞれ20冊、中学生向けに40冊を選定。「二十四の瞳」「老人と海」などの名作から、「バッテリー」「八日目の蝉」など近年の話題作、野球選手イチローの伝記、絵本、科学エッセイ、怪談、古典文学など、幅広い分野の良書を薦めている。

 県立図書館では、8月18日まで「香川の子どもたちに読んでほしい100冊」のコーナーを開設。選定本の展示と貸出を行っている。

 香川県教委の藤村育雄委員長は、「子どもの頃に読んだ本は、一生の宝物です。少し背伸びしなければ読めないような難しいものもありますが、1冊の本を最後まで読み通す楽しさと満足を味わいませんか」とメッセージを寄せている。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)