米GoogleとedXが連携、オンライン講義の新サービス立ち上げへ

 米Googleは9月10日、無料オンライン講義のコンソーシアム「edX(エディックス)」と連携すると発表した。教育機関や企業、個人がオンライン講義を作成・管理できる新しいサービスを立ち上げるという。

教育ICT インターネット
edXのホームページ
  • edXのホームページ
  • 米Googleの発表(一部)
  • course-builder
 米Googleは9月10日、無料オンライン講義のコンソーシアム「edX(エデックス)」と連携すると発表した。教育機関や企業、個人がオンライン講義を作成・管理できる新しいサービスを立ち上げるという。

 同社は2012年7月に検索スキルを身につけるためのオンライン講座「Power Searching with Google」を開講し、2012年9月12日にはオンライン講座の作成ツール「course-builder」を公開した。それ以来、世界中で個人がさまざまなオンライン講義を作成している。また、大学やNPOはMOOCs(Massive Open Online Courses:大規模公開オンライン授業の総称)を活用している。

 「edX」は、ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学が共同で設立したxコンソーシアムという非営利機関。無料オンライン講義のプラットフォームを提供している。

 米GoogleとedXは、教育のすそ野を広げるため、オンライン教育のコミュニティとedXプラットフォームを共有し、教育機関や企業、個人がオンライン講義を作成・管理できる新しいサービスを立ち上げる。教育機関は、オンライン講義の作成や学生の管理が簡単にできるようになる。

 両者は、誰もがいつでもどこでも容易に新しい能力を身につけられることを実現するとしている。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)