ノートに書いた文字と音声を同時記録する「エコー・スマートペン」、学研が発売

教育ICT その他

エコー・スマートペン
  • エコー・スマートペン
  • 録音機能・共有機能
  • 変換機能・検索機能
  • 主な仕様
  • 主な仕様
  • 主な仕様
  • 主な仕様
 学研ホールディングスおよび学研教育出版は、米国Livescribe社製「エコー・スマートペン」を11月上旬より発売する。

 Livescribe社製スマートペンシリーズは、世界で唯一、手書きの文字と音声を同時に記録してデジタル化できるICT機器という。その中でも「エコー・スマートペン」は、全世界で150万本以上が販売されている。

 「エコー・スマートペン」はICレコーダー機能に加え、ペン先に超小型のCCDカメラを装備し、文字と音声を同時に記録する。文字データと音声はリンクされており、ノートに書かれた文字をタップすると、記録された箇所の音声を頭出しして再生する。

 記録した文字と音声は、付属の専用ソフト「Livescribe Desktop」で管理・編集することが可能だ。何冊ものノートを電子化して持ち歩くことができるほか、必要なページだけを抜き出して編集したカスタムノートを作成したり、任意のページを選んで編集し、音声付きPDFファイルを作成することができる。また、Facebookへの投稿機能を使って、音声付きの手書きノートを共有することもできる。

 また、付属の日本語OCRソフト「MyScript for Livescribe Desktop」を利用することで、手書き文字の検索やテキスト・データへの変換もできる。

 価格は2GBモデルが2万4,000円、4GBモデルが2万9,000円、8GBモデルが3万4,000円。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)