読みやすさと書き味が進化、ソニーのデジタルペーパー6/5発売

教育ICT 先生

デジタルペーパー「DPT-RP1」
  • デジタルペーパー「DPT-RP1」
  • 使用イメージ
  • ノンスリップパネルの採用と視差ズレを抑えたディスプレイ構成によって実現した書き心地
  • PCアプリケーション「Digital Paper App」機能イメージ(同期機能)
  • PCアプリケーション「Digital Paper App」機能イメージ(印刷/ファイル転送)
  • 2画面表示機能
  • 作業を効率化する多彩な機能を搭載
  • 「デジタルペーパー連携サーバーソフトウェア」機能イメージ
 ソニーは6月5日、電子文書をまるで紙のように読み書きできることを追求したデジタルペーパー「DPT-RP1」を発売する。A4サイズ相当となる13.3インチの高解像度電子ペーパーディスプレイを搭載しながら、重さは約349g。価格はオープン。

 前機種(DPT-S1)は、文献や論文などの文書を扱う大学教員や医師、大量の紙を扱う税理士や弁護士など、さまざまな職種で活用されている。これまでの利用者の声を参考に、より紙のような使い勝手を実現できるよう開発されたのが「DPT-RP1」だ。

 「DPT-RP1」は、重さ約349g、厚さ5.9mm。A4サイズ相当となる13.3インチ(1,650×2,200ドット)の高解像度電子ペーパーディスプレイを搭載している。10インチ以上のモバイル製品としては、2017年4月10日時点で世界最薄最軽量(ソニー調べ)のデジタル端末だという。

 内蔵メモリには、約1万ファイルの電子文書(約1MBのPDFファイルを1ファイルとした場合)をPDF形式で保存できるので、大量の電子文書を手軽に持ち運ぶことができる。2画面表示や手書きした「☆」「*」マークを検索できるなど、作業を効率化する多彩な機能を搭載。また、1回の充電で最長約3週間の利用が可能だという。

 ページ送り速度は前機種よりも最大約2倍に高められ、読みやすさが向上。図や表などを瞬時に拡大することもできる。画面には、新たに独自開発したノンスリップパネルを採用し、ペン先の滑りを抑え、適度な抵抗感を持たせることで、より紙に近い書き心地を実現している。

 無償提供するPCアプリケーション「Digital Paper App」を使えば、ワイヤレス通信で同機とパソコン間でのPDFファイルの出し入れや管理を簡単に行うこともできる。また、企業や組織などのシステムにデジタルペーパーを連携させるため、パートナー企業向けに「デジタルペーパー連携サーバーソフトウェア」の提供も予定している。

 デジタルペーパー「DPT-RP1」は、5月17日~19日まで東京ビッグサイトで行われる「第8回教育ITソリューションEXPO(EDIX)」のソニーブースで展示される。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)