2020年東京オリンピックで見たい競技、1位は水泳…やってみたい競技は?

趣味・娯楽 スポーツ

2020年東京オリンピックで見たいと思う競技
  • 2020年東京オリンピックで見たいと思う競技
  • やってみたいと思うオリンピック競技
 小中学生が2020年東京オリンピックで見たいと思う競技のトップ3は、1位「水泳」、2位「サッカー」、3位「陸上競技」であることが、バンダイが10月8日に発表した「2020年東京オリンピックに関する小中学生の意識調査」より明らかになった。

 同調査は、スポーツに関する意識を探るため、全国の小学生~中学生の子どもがいる親を対象にインターネット調査を実施。サンプル数は800人(小学校低学年・中学年・高学年と中学生の男女それぞれ100人ずつ)。調査期間は2013年9月13日~9月16日。

 小中学生が2020年東京オリンピックで見たいと思う競技は、1位「水泳」43.3%、2位「サッカー」39.9%、3位「陸上競技」34.8%となった。男女別でみると、男子は「サッカー」、女子は「水泳」が圧倒的人気で1位にランクインした。

 実際に自分でやってみたいと思うオリンピック競技は、1位「サッカー」18.1%、2位「水泳」15.6%、3位「特になし」14.3%となった。男女別でみると、見たいと思う競技と同様、男子は「サッカー」、女子は「水泳」が1位にランクインした。

 やってみたいと思う理由について、上位にあがった競技は「部活などでやっている、やったことがある」といった回答が多く、子どもたちにとって身近なスポーツほど、やってみたいと感じている傾向がみられた。

 一方、やってみたい競技が「特になし」と思う理由は、「スポーツに興味がない」「運動が好きではない」「疲れるからやりたくない」といった回答がみられ、スポーツに消極的な子どもの意見を反映する結果となった。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)