ドラキッズが250教室iPad導入に向け「おやこでスマほん」採用

教育ICT ソフト・アプリ

おやこでスマほん for ドラキッズ
  • おやこでスマほん for ドラキッズ
  • うさぎとかめ
  • iPad授業内活動の様子
 幼児教室「ドラキッズ」を運営する小学館集英社プロダクションは1月16日、全国約250教室でのiPad導入に向けて、スマートエデュケーションとのコラボアプリ「おやこでスマほん for ドラキッズ」(非売品)を授業用教材として導入すると発表した。

 今回、累計約190万ダウンロードを超える幼児向け知育アプリ「おやこでスマほん」の中から、「ドラキッズ」内の授業で使用する読み聞かせデジタル絵本教材として「かさじぞう」「うさぎとかめ」「みにくいあひるのこ」などの9作品を抜粋。iPad用教材「おやこでスマほん for ドラキッズ」として導入する。

 幼児教室ならではのクラス担任による絵本の読み聞かせに加え、iPad上の話の中のキャラクターに触ると、音が出たり動いたりすることで、いつも聞いている話がより楽しく、身近に感じることができるとしている。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)