【センター試験2014】当日の天気は…全国的に低めの気温、北海道や東北などで雪も

教育・受験 受験

全国主要地点の週間天気予報(一部、1月17日11時現在)
  • 全国主要地点の週間天気予報(一部、1月17日11時現在)
  • 平成26年度大学入試センター試験の志願者数
 大学入試センター試験が、いよいよ明日に迫った。56万672人が志願しており、全国693会場で試験が行われる。18、19日は、全国的に気温が低めで、北日本から西日本にかけての日本海側では雪にも見舞われそうだ。

 気象庁によると、センター試験が実施される18、19日は、北海道や東北地方、西日本の日本海側で寒気や気圧の谷の影響から「曇りや雪、雨」が多いという。松江や福岡などでも「雪」の予報が出ており、注意が必要だ。一方、東日本や西日本の太平洋側では、高気圧におおわれて「晴れまたは曇り」の予報となっている。気温は、平年並みか平年より低くなりそうなので、防寒対策もしっかりした方がよさそう。

 平成26(2014)年度の大学入試センター試験には、過去最多となる843大学が参加する。志願者数は、現役生が44万3,318人(前年度比1万6,548人減)と減少している影響から、前年度比1万2,672人減の56万672人。このうち、男性は31万6,829人(56.5%)、女子は24万3,843人(43.5%)となっている。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)