【センター試験2014】9:30より全国693会場で地理歴史・公民がスタート

教育・受験 学校・塾・予備校

平成26年度センター試験志願者数
  • 平成26年度センター試験志願者数
  • 参加大学数
  • センター試験の時間割
  • 試験時間中の所持品の取扱い
 大学入試センターは、本日1月18日と19日にセンター試験を全国693の会場実施する。1日目の18日には、地理歴史・公民、国語、外国語が行われ、2日目の19日に理科、数学が実施される。

 平成26年度のセンター試験では、過去最高の843大学(大学数685、短期大学数158)が参加し、志願者数は、前年より1万2,672人少ない56万672人となった。

 受験者数がもっとも多いと見込まれるのが東京都で約8万3,000人、続いて大阪府の約3万人、神奈川県の約2万8,000人、埼玉県の約2万6,000人。もっとも受験者数が少ないと見込まれている鳥取県が約2,700人、高知で約3,000となった。

 なお、大学入試センターは、本試験の正解および配点について各試験日の全試験終了後にWebサイトにて発表するとしている。平均点などについては、1月22日に中間発表を、2月6日に最終発表を行うという。
《湯浅大資》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)