【中学受験2014】首都圏の国公私立中学の繰り上げ合格予定を公表、市進

教育・受験 受験

都内男子校の状況(一部、実績は2013年のみ転載)
  • 都内男子校の状況(一部、実績は2013年のみ転載)
  • 都内女子校の状況(一部、実績は2013年のみ転載)
  • 都内共学校の状況(一部、実績は2013年のみ転載)
 市進の中学受験情報ナビ「そうだったのか!中学入試」は1月29日、首都圏の中学の「繰り上げ合格の予定と過去の状況」を公表した。補欠合格や追加合格の有無、連絡手段、期間などについて、首都圏の私立、国公立185校の状況を一覧にしてまとめている。

 市進によると、「補欠合格」は合格候補者を掲示板などで公表したあとに繰り上げる合格。「追加合格」は、合格候補者を公表せずに繰り上げる合格。

 その方法は、「正規合格者と同時に掲示発表する」「辞退者が予想より多かった時のみ」など、学校によって異なる。多くの学校では、2月初旬から下旬にかけて、電話で連絡して、入学意志を確認している。

 「繰り上げ合格の予定と過去の状況」では、学校ごとに補欠合格や追加合格の有無、合格者への連絡手段、連絡期間、合格者選出の方法などについてまとめている。繰り上げ合格者選出の際は、複数回受験者から優先的に選出する学校も多く、優遇の有無についても一覧表示している。

 また、2010~2013年まで過去4年間の繰り上げ合格の実績についても掲載。麻布、開成、武蔵、筑波大附属駒場など、非公開としている学校についても、繰り上げ合格者の推定人数を備考欄で公開している。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)