大学生の生活実態調査…仕送り7年ぶり増加、4割が読書時間なし

教育・受験 その他

下宿生の1か月の生活費
  • 下宿生の1か月の生活費
  • 下宿生の仕送り金額分布
  • 自宅生の1か月の生活費
  • 暮らし向きの変化
  • 暮らし向きと1か月の収入
  • 読書時間推移
 大学生の仕送り額が7年ぶりに増加したことが、全国大学生活協同組合連合会が実施した「学生生活実態調査」の結果から明らかになった。一方、大学生の読書時間は減少傾向にあり、「まったく読まない」が4割を占めた。

 調査は2013年10~11月、全国30の大学生協を通して、国公私立大学の学部学生を対象に実施。8,930人から回答を得た。

 下宿生の収入合計は、前年比860円増の121,500円。このうち、「仕送り」は7年ぶりの増加で72,280円だった。リーマンショック後の2009年以降の4年間は、仕送りなしで生活する下宿生が1割を超えていたが、2013年は8.8%に減少。「10万円以上」の割合も2年連続で増加した。一方、奨学金は前年比1,330円減の24,050円。収入に占める構成比では5年ぶりに2割を下回った。

 下宿生の支出合計は、前年比2,360円増の117,930円。支出費目のうち、食費(23,980円)、教養娯楽費(8,900円)、その他(3,040円)、貯金・繰越(12,140円)が増加した。

 自宅生の収入合計は、前年比2,630円増の60,990円。アルバイト(12,370円)、家庭からの小遣い(15,370円)、奨学金(12,370円)のいずれも前年より増加していた。奨学金は、2011年の12,390円に次いで高く、3~4年生は受給率も前年より増えていた。支出合計は、前年比2,850円増の58,890円。「貯金・繰越」(17,400円)の増加が目立ち、1979年以降でもっとも高い金額となった。

 現在の暮らし向きについては、「大変楽な方」「楽な方」と感じる学生が3年連続増加し、53.6%(自宅生55.3%、下宿生52.8%)を占めた。下宿生の5割以上が「楽」と回答したのは初めて。暮らし向きと1か月の収入との関係では、下宿生は「苦しい」「普通」「楽」と暮らし向きが上がるに連れて収入合計も上昇したのに対し、自宅生では「苦しい」「普通」「楽」と暮らし向きが上がるに連れて収入合計が下がる実態にあった。

 1日の読書時間(電子書籍を含む)は、平均26.9分。同じ方法で調査している2004年以降もっとも短い結果となった。専攻別では、文系32.0分、理系24.2分、医歯薬系18.7分。男女別では、男子29.2分、女子24.3分。まったく本を読まない学生は40.5%を占め、初めて4割を超えた。1か月の書籍費や支出割合も減少傾向にあった。

 1週間の勉強時間では、授業時間を除く「大学の予習・復習・論文など」は351.2分(1日50.2分)。前年の274.7分(1日39.2分)から1日あたり10分以上の伸びをみせた。大学の勉強以外の「就職に関することや関心事」の勉強時間でも164.1分(1日23.4分)と、前年の127.0分(1日18.1分)から増加した。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)