小中学生の入学祝い、学習関連が人気…不人気は趣味・娯楽品

 小中学校の「入学祝い」として子どもに贈りたいものの1位は「学習関連品」で、77%の親が電子辞書を買って満足していることが、カシオ計算機が3月19日に発表した調査結果より明らかになった。

教育・受験 その他
入学祝いに贈りたいもの
  • 入学祝いに贈りたいもの
  • 電子辞書を買って満足しているか
 小中学校の「入学祝い」として子どもに贈りたいものの1位は「学習関連品」で、77%の親が電子辞書を買って満足していることが、調査結果より明らかになった。

 カシオ計算機は、電子辞書「エクスワード」シリーズの小学校低学年向けモデル「XD-SU2000」の販売開始に合わせ、「入学祝い/電子辞書に関する意識・実態調査」を実施。調査対象は、電子辞書を持っている小学生の子どもがいる男女250名と、電子辞書を持っている中学生の子どもがいる男女250名の計500名。調査期間は3月6日~3月7日。

 小中学校の「入学祝い」として子どもに贈りたいと思うものは何か尋ねたところ、1位「学習関連品」57%、2位「現金」29%、3位「腕時計・洋服などの装飾品」27%、4位「自転車」24%となった。「学習関連品」で特に人気が高いのは、「商品券(図書カードなど)」65%、「文房具」57%、「書籍(参考書、図鑑など)」52%、「電子学習機器(電子辞書、PCソフトなど)」44%の4つ。

 一方、子どもがもらって残念だった「入学祝い」は、「趣味のあわない洋服」「ゲームソフト」などの回答が多かった。趣味・センスが問われるものや娯楽用品は避けた方が無難なようだ。

 子どもが電子辞書を持っている親に、子どもに電子辞書を買って満足しているか尋ねたところ、「満足している」77%、「満足していない」23%だった。具体的な活用方法は、「わからない語句があるとすぐに調べている(44歳女性)」「受験勉強に使ったり、中に入っている小説を読んだりしている(48歳男性)」「わからない言葉があった時や、英語の発音、和歌などを調べている(37歳女性)」「辞書機能のほかに、検定問題などをやっている(49歳女性)」などの回答があった。

 現役塾講師であり、現在の教育・学習事情に詳しい西村創さんは、「小学生にとっての電子辞書は、学ぶ意欲を引き出すための教材として役立ちます。色々なものを調べているうちに、自分の興味・関心がわかってきたり、好奇心が広がったりと、学ぶことのよき手助けをしてくれるでしょう」とコメントしている。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)