大学生の振り込め詐欺加担に注意喚起

 日本私立大学連盟は4月16日、大学生に対する犯罪防止への協力願いをホームページに掲載した。大学生がアルバイト感覚で振り込め詐欺に加担して逮捕されるケースを取り上げ、加害者にならないように呼びかけている。

生活・健康 その他
安易なバイトには気をつけて
  • 安易なバイトには気をつけて
  • 携帯電話詐欺
 日本私立大学連盟は4月16日、大学生に対する犯罪防止への協力願いをホームページに掲載した。大学生がアルバイト感覚で振り込め詐欺に加担して逮捕されるケースを取り上げ、加害者にならないように呼びかけている。

 警視庁によると、平成25年中の都内における振り込め詐欺の被害は、前年同期比342件増の2,616件で、被害額は約87億6,900万円にのぼる。被害者から直接現金を受け取る「受け子」や、被害者が振り込んだ後、口座から現金を引き出す「出し子」の低年齢化が問題となっており、大学生の中にも罪悪感を抱かずにアルバイト感覚で振り込め詐欺に加担しているケースもあるという。

 また、埼玉県警察本部によると、大学生がアルバイト感覚で振り込め詐欺などの犯行ツールとなる携帯電話機を不正契約して逮捕される事案が発生した。

 このような状況から、大学生が「振り込め詐欺」の加害者にならないよう、「うまい話にはのらないこと」「安易にお金を稼げるアルバイトには手を出さないこと」と呼びかけている。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)