関東圏22校収録「公立中高一貫校の本」2015年度版、6月中旬発売予定…市進出版

教育・受験 学校・塾・予備校

「親子で読める 公立中高一貫校の本 2015年入学用」
  • 「親子で読める 公立中高一貫校の本 2015年入学用」
  • 「親子で読める 公立中高一貫校の本 2015年入学用」
  • 2014年版 三鷹中等教育学校 イメージ
 市進教育グループの市進出版は、東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城の公立中高一貫校の選抜方法や適性検査問題の傾向と対策を詳しく解説した「親子で読める 公立中高一貫校の本 2015年入学用」を6月中旬に発売する予定。

 市進出版は、永年にわたって、中・高・大学の学校情報や入試情報、教育情報などの収集と分析を行い、市進教育グループの生徒に随時提供している。

 同書は、東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城の首都圏22校の都立、区立、県立、市立の中高一貫校についてまとめた、志望者のための受験案内誌。市進学院の独自の取材により、選抜方法や適性検査問題の傾向と対策など、塾ならではの切り口で詳しく解説しているという。

 内容は、「どこが今までの公立中学と違う?」、「なぜ中高一貫校が人気を集めているの?」などの公立中高一貫校に関する疑問が紹介されている。さらに、各校ごとに学校紹介4ページと適性検査詳細2ページを掲載し、生徒数や教育方針、在校生の声、時間割、制服、学校説明会の日程など、校内の雰囲気や特色をイラストや写真で分かりやすく紹介。さらに、同書キャラクターが対話形式で内容を紹介しているため、親子で楽しく読むことができる。

 発売は6月中旬ごろの予定で、書店またはインターネットブックショップで購入することができるという。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)