大学生協が「ブックベスト10」公開…東北大ベスト3は公務員試験対策本

教育・受験 学校・塾・予備校

東北大学生協文系書籍店
  • 東北大学生協文系書籍店
  • 東京大学生協本郷書籍部
  • 早稲田大学生協コーププラザブックセンター
  • 慶應義塾生協日吉書籍・パソコンフロア
 全国大学生活協同組合連合会は、10生協の書籍部で3月分に販売した売れ筋ベストテンを紹介。各書籍部のコメントも載せられ、各大学のその月の特徴が見えてくる。就職活動に関連する本が多くの大学でランクインしている。

 「ブックベスト10」は毎月更新され、各大学で今売れている本を紹介している。紹介されているのは、北海道大学生協、東北大学生協、東京大学生協、早稲田大学生協、慶應義塾大学生協、名古屋大学生協、京都大学生協、同志社大学生協、大阪大学生協、九州大学生協の10生協の書籍部。教科書やそれに準ずる参考書、マンガを除いている。

 北海道大学は、「ハンナ・アーレント(矢野久美子著)」「哲学入門(戸田山和久著)」「フラニーとズーイ(ジェローム・デーヴィット・サリンジャー著)」がベスト3。同生協によると「上位は堅い内容が多かった」とコメントしている。

 東北大学のベスト3は「公務員試験速攻の『政策論』2015年度版」「公務員試験直前対策ブック26年度」「公務員試験速攻の時事 平成26年度試験完全対応」。同生協によると、実務養育出版のフェアを実施していたので上位を独占したという。また、4位の新書「被災大学は何をしてきたか」は、同大学が取り上げられていることから、手に取る人が多かった。

 早稲田大学も就職関連書籍が好調。「記者ハンドブック」「公務員試験速攻の時事 平成26年度試験完全対応」「公務員試験直前対策ブック26年度」がベスト3。4位の「大学4年間で絶対やっておくべきこと」は同大の森川友義教授が著作。

 東京大学は「東大教授(沖大幹著)」「哲学入門」「ヒラノ教授の論文必勝法(今野浩著)」がベスト3。上位は同大学関係の書籍が売れており、5位の「世界史 上 下(ウィリアム・H・マクニール著)」は長期で売れている商品になっている。

 各大学生協の売れ筋本は、ホームページで見ることができる。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)