小中学生親子対象のシンポジウム「グローバルリーダーに育つための学びとは」6/1

教育・受験 学習

法政大学・田中優子総長(大学WEBサイトより)
  • 法政大学・田中優子総長(大学WEBサイトより)
  • 柳沢幸雄 東大名誉教授の著書
 NPO学校支援協議会は、小・中学生とその保護者を対象としたシンポジウム「グローバルリーダーに育つ中学・高校の学びとは」を6月1日、法政大学市ヶ谷キャンパスで開催する。

 文科省は今年度から始まるスーパーグローバルハイスクール(SGH)として、全国56校を指定してグローバルリーダーの養成に乗り出した。公開シンポジウムでは、パネリストに有馬朗人先生(根津育英会武蔵学園長 元東大総長 元文科大臣)、栗原峰夫先生(横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校校長)、田中優子先生(法政大学総長)、柳沢幸雄先生(東大名誉教授 元ハーバード大大学院准教授・併任教授)、吉野明先生(鴎友学園女子中学高等学校校長)の5名を迎え、中学・高校でどう学べばグローバルリーダーに育つのか、その疑問に真正面から挑む。

 また公開シンポジウムに先立ち、ハーバード大学でもベストティーチャーだったという柳沢幸雄先生の公開授業を実施。知識を効率的に定着させる反転授業を紹介する。

 なお、無料公開授業とシンポジウムの模様は、NHK Eテレで7月中旬~8月上旬に放映が予定されている。

◆無料公開授業&シンポジウム「グローバルリーダーに育つ中学・高校の学びとは」
日程:6月1日(日)
時間:13:00~14:10(公開授業)、14:30~16:00(公開シンポジウム)
会場:法政大学市ヶ谷キャンパス外濠校舎 さったホール
対象:小・中学生とその保護者
申込方法:ホームページより
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)