中学受験生の半数が「塾にいる時間は平日3時間以上」

教育・受験 受験

通っている塾
  • 通っている塾
  • 平日の起床時刻
  • 家庭での学習時間(塾のない日)
  • 家庭での学習時間(塾のある日)
  • 塾にいる時間(平日・平均)
  • 塾にいる時間(土日・平均)
  • 時間に関して不安や疑問を感じていること
 スーパーウェブが運営する中学受験の情報ポータルサイト「かしこい塾の使い方」は5月26日、中学受験を目指す家庭の時間に関する調査結果を発表した。子どもが塾にいる時間(平日・平均)は「3時間以上」が半数にのぼることが明らかになった。

 調査は5月11日~16日の6日間、同サイトに会員登録する、中学受験を目指す家庭の父母348名を対象に実施。子どもの学年は、「6年生」39%、「5年生」32%、「4年生」18%、「3年生」6%、「2年生」3%、「1年生」2%と、5、6年生が7割を占める。なお、アンケート結果は会員ページで公開している。

 通っている塾を聞いたところ、「日能研」23%がもっとも多く、「SAPIX」17%、「四谷大塚系」9%、「早稲田アカデミー」8%、「浜学園」5%、「希学園」2%、「馬淵学園」1%が続き、「その他」は22%、「通っていない」は13%だった。

 平日の起床時刻は、最多が「6時30分~7時30分」58%、次いで「5時30分~6時30分」35%、「7時30分以降」4%、「5時30分以前」3%となった。

 家庭での学習時間は、塾のない日が「1時間以上2時間未満」36%と「2時間以上3時間未満」35%を合わせて7割を占めた。次いで「3時間以上4時間未満」13%、「1時間未満」9%、「4時間以上」7%となった。また、塾のない日の学習時間は「2時間以上4時間未満」が46%と半数近くに上る。

 塾にいる時間(平日・平均)は、「3時間以上4時間未満」34%、「4時間以上」16%で、半数が3時間以上塾にいることがわかる。また、土日・平均では、36%が「通っていない」ものの、「4時間以上」28%、「3時間以上4時間未満」15%となった。6年生の後期は多くの塾で日曜日に志望校別の特訓が長時間行われるので、後期には「4時間以上」の割合がさらに増えると予想される。

 時間に関して不安や疑問を感じていることを聞いたところ、最多は「宿題にかかる時間が長い」27%、次いで「睡眠時間が短い」24%、「塾に通っている時間が長い」10%、「習い事の時間が長い」8%となった。具体的には、「塾の復習とテスト直しに追われている」「塾の終わる時間が遅い」「上手に時間を使えない」などの意見が挙げられた。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)