【宇宙博2014】月着陸船や月面車でアポロ月面着陸の瞬間がよみがえる

趣味・娯楽 その他

アポロ月面車
  • アポロ月面車
  • 月着陸船の乗員室
  • アポロ月面車
  • アポロ月面車
  • アポロ月面車
  • アポロ月面車
  • アポロ月面車
  • アポロ月面車
「SPACE EXPO 宇宙博 2014 NASA・JAXAの挑戦」(千葉・幕張メッセ、7月19日~9月23日)では、1969年にNASAの宇宙船「アポロ11号」が人類初の月面着陸に成功した瞬間がよみがえるような展示がある。月着陸船と月面車だ。

宇宙船が月周回軌道に到達すると、2人の宇宙飛行士が月着陸船に乗り込み、脚のロックを解除。指令船から分離し、月着陸船は自力で飛行し月面にゆっくりと着陸する。この乗員室を再現したレプリカが展示され、狭い室内での操作などがイメージできる。

また、月面に降り立ち、移動するさいに使用されたアポロ月面車のレプリカも展示。ボーイング社が開発したこの月面車は、アポロ15号計画時に始めて使用され、月面の探査範囲を広げるなどに貢献した。

「月面車なしでは、アポロ15号、16号、17号の大きな発見の数々は不可能だった」(17号宇宙飛行士)という。ゴムではなく網目状のタイヤや、パラボラアンテナ、操作レバーなどが間近に見られるこのレプリカ。多くの来場者の注目を集めていた。

【宇宙博2014】月着陸船や月面車のリアル…アポロ月面着陸の瞬間がよみがえる

《大野雅人@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)