【夏休み映像授業】浜学園 柳澤先生に学ぶ「読書感想文の書き方」のポイント

 進学教室浜学園 国語科の柳澤一成先生が、読書感想文の書き方を説明。低学年、中学年、高学年別に具体的な本を例にとり、順を追ってわかりやすく解説する。

教育・受験 学習
読書感想文の書き方
  • 読書感想文の書き方
 夏休み映像授業「読書感想文の書き方」では、進学教室浜学園 国語科の柳澤一成先生が、読書感想文の書き方を映像授業でわかりやすく説明する。

 多くの学校で夏休みの課題として出される読書感想文だが、どう書けばわからず、後回しにしてしまうお子さんも多いのではないだろうか。映像授業では、本の選び方から、読み方、読後の振り返り、ノートの使い方から実際の書き方までを、低学年向けには「メガネをかけたら」(作/くすのきしげのり・絵/たるいしまこ)、中学年向けには「いつか帰りたい ぼくのふるさと」(文・写真/大塚敦子)、高学年向けには「鉄は魔法つかい」(著/畠山重篤・絵/スギヤマカナヨ)を例に、具体的に説明している。

◆読書感想文の書き方(1・2年生) ※左下の再生ボタンを押して視聴してください。




パソコンでご利用ください。


◆読書感想文の書き方(3・4年生) ※左下の再生ボタンを押して視聴してください。




パソコンでご利用ください。


◆読書感想文の書き方(5・6年生) ※左下の再生ボタンを押して視聴してください。




パソコンでご利用ください。


【協力】小学館テレビドラゼミ/NTTスマートコネクト 光Webスクール
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)