チームラボ、デジタルアートとキッズアトラクション…日本科学未来館企画展

趣味・娯楽 その他

追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして分割された視点―Light in Dark
  • 追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして分割された視点―Light in Dark
  • Nirvana
  • お絵かき水族館
  • 光のボールでオーケストラ
 日本科学未来館は、11月29日から2015年3月1日まで企画展「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」を開催する。独創的で美しいデジタルアート作品をはじめ、光や映像を楽しめるキッズアトラクション作品も充実している。

 チームラボは、プログラマ・エンジニア、数学者、建築家、デザイナー、アニメーター、絵師など、さまざまなスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団。東京では初の大展覧会。デジタルアート6作品とキッズ向けアトラクション8作品の出展を予定している。

 チームラボによるデジタルアートは、絵画をデジタルという領域で再構築した独創的な作品ばかり。出品作の一つ、「追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして分割された視点―Light in Dark」は、コンピューター上の3次元空間に立体的に構築した世界を映像化。光の八咫烏(やたがらす)が空間を飛び回り、その軌跡が光跡となり光の空書を描くという幻想的な世界をデジタルアートで表現している。

 キッズアトラクション作品では、子どもたちが描いた魚が泳ぎ出す「お絵かき水族館」、大小さまざまなボールに触れて音楽を自由に奏でられる「光のボールでオーケストラ」などを出展。作品の美しさはもちろん、子どもは手や身体などを動かしながら、体験的に楽しむことができる。

◆企画展「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」
場所:日本科学未来館 1階企画展示ゾーン
期間:11月29日(土)~2015年3月1日(日)
開館時間:10:00~17:00
休館日:火曜日(12月23日と1月6日は開館)、12月28日~1月1日
入場料:大人1,800円(前売1,600円)、小学生~18歳1,200円(前売1,000円)、3歳~小学生未満900円(前売700円)



《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)