教員のICT研修受講率、1位は「佐賀県」99.9%

教育ICT 学校・塾・予備校

研修の受講状況(全校種)
  • 研修の受講状況(全校種)
  • 教員のICT活用指導力の推移
  • 研修受講状況
  • 教員のICT活用指導力チェックリスト(小学校版)
  • 教員のICT活用指導力チェックリスト(中学校・高等学校版)
  • 教員のICT活用指導力の状況1(都道府県別・全校種)
  • 教員のICT活用指導力の状況2(都道府県別・全校種)
 文部科学省は9月25日、全国の公立学校における教育の情報化の実態について、平成25年度の結果概要を発表した。ICT活用指導力に関する研修を受講した教員の割合は28%で、最高は「佐賀県」99.9%、最低は「岩手県」11.4%であった。

 平成26年3月1日現在の全公立学校(小学校、中学校、高等学校、中等教育学校および特別支援学校)を対象に、ICT環境の整備状況と教員のICT活用指導力を調査した。教員のICT活用指導力は、チェックリストを元に教員自身が自己評価したもの。なお、速報値は8月8日に公表されている。

 教員のICT活用指導力は、「教材研究・指導の準備・評価などにICTを活用する能力」「授業中にICTを活用して指導する能力」「児童のICT活用を指導する能力」「情報モラルなどを指導する能力」「校務にICTを活用する能力」の5つすべての項目で前年度より向上しており、平成19年度より右肩上がりに伸びている。

 平成25年度中にICT活用指導力の5項目に関する研修を受講した教員の割合は、前年比2.8ポイント増31%。一方、受講していない教員の割合は69.0%。受講した教員の割合を都道府県別にみると、最高が「佐賀県」99.9%、最低が「岩手県」11.4%と、80ポイント以上の差があった。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)