【高校受験2015】兵庫県の進学希望動向調査、神戸高校(総合理学)は3倍

教育・受験 受験

進学希望者数等の状況
  • 進学希望者数等の状況
  • 学校別・学科別動向調査結果(一部)
  • 新しい通学区域
 兵庫県教育委員会が11月に実施した「平成27(2015)年度高校進学希望者動向調査」の結果によると、県内公立高校進学希望者は85.3%に上る。学校別では、神戸高校(総合理学)が定員40人に対して希望者数122人で、倍率3.05倍となった。

 11月10日時点の高校進学希望者動向調査を行ったところ、国公立中学校卒業予定者4万9,243人のうち、県内公立高校進学希望者は4万2,990人(85.3%)。このうち、全日制は4万788人(82.8%)、定時制・多部制・通信制は1,202人(2.4%)であった。なお、平成27年度より通学学区が変更となり、第1学区~第5学区に分けられる。

 学校別にみると、神戸高校(普通)は定員320人に対して希望者数387人、神戸高校(総合理学)は定員40人に対して希望者数122人、兵庫高校(普通)は定員280人に対して希望者数414人、兵庫高校(総合人間系コース)は定員40人に対して希望者数107人となった。

 兵庫県公立高校の一般入試は、願書受付が2月23日(月)~2月25日(水)、志願変更が2月27日(金)~3月3日(火)、ただし2月28日(土)と3月1日(日)は除く。学力検査が3月12日(木)、総合学科の実技検査が3月13日(金)、合格発表が3月19日(木)。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)