試験合格で「スマホ免許」取得、小中生向けトラブル防止書籍発売

デジタル生活 モバイル

家庭でマスター!小学生のスマホ免許
  • 家庭でマスター!小学生のスマホ免許
  • 家庭でマスター!中学生のスマホ免許
  • 「家庭でマスター!スマホ免許」
  • 小学生編スマホ免許 合格証
  • 中学生編スマホ免許 合格証
  • 「家庭でマスター!小学生のスマホ免許」準備編
  • 仮免テスト
 誠文堂新光社は、小学生と中学生を対象とした、スマホトラブルを回避するための書籍「家庭でマスター!小学生のスマホ免許」「家庭でマスター!中学生のスマホ免許」を発売した。定価はいずれも1,200円(税抜)。

 現在、学校現場や家庭において、SNSによるいじめや、ネット依存などのスマホトラブルに小中学生が巻き込まれる事例が急増している。同著では、小学生や中学生に身につけてもらいたいトラブル回避術を、ネット依存アドバイザーの遠藤美季氏が解説。

 小学生編は、ロールプレイングゲームのように各クエストにチャレンジしながら、免許皆伝のスマホマスターを目指す内容。難しいテーマに対しても子どもが楽しみながら答えていけるよう工夫された構成となっている。

 中学生編は、スマホというツールの利用を考えていきながら、自分にとって大切なものは何か、生きていく上での目標、考え方、周囲とのコミュニケーションの仕方といった中学生にとって「生き方」を考えるきっかけにもなる一冊となっている。依存・いじめ・炎上・犯罪などのSNSのトラブルを防ぐため、自分で問題を考え、判断し、賢くスマホを使用できるスキルを身につけていく。

 同著は、準備編、基本編、コミュニケーション編、トラブル編、犯罪編、依存編という流れで構成され、最後に総合試験が用意されている。総合試験で80点以上を獲得すると合格とみなされ、晴れて、スマホ免許取得することができる。

 同著特設サイトでは、小学生編の「準備編」立ち読みのほか、同著でスマホ免許を取得する前の「仮免テスト」に挑戦することができるようになっている。全10問の仮免テストでは、3つの選択肢の中から正解を選択すると、詳しい解説を読むことができる。総合試験に合格した際の、「スマホ免許」ダウンロードも特設サイトから可能。

 イラストは、小学生編は木原飛鳥氏、中学生編は坂本ロクタク氏が担当し、小中学生が親しみやすい内容となっている。

 購入は、誠文堂新光社HP、amazon、セブンネットショッピング、楽天ブックスより可能。

 なお、同著で取得できる「スマホ免許」については、行政機関が発行する公式免許ではないため、スマホ利用によるトラブル回避のためには、保護者や教師がスマホを適切に管理することが前提となる。また、同著に登場する法律については、2014年11月現在の内容で構成されているため、法改正があった場合などは、新しい知識を習得することなどを呼びかけている。

◆こんな時どうする!?クイズ形式で身につくネットトラブル護身術
 「家庭でマスター!小学生のスマホ免許」
著者:ネット依存アドバイザー・遠藤美季
イラスト:木原飛鳥
価格:1,200円(税抜)
出版社:誠文堂新光社
体裁:B5判
頁数:96ページ

◆依存・いじめ・炎上・犯罪…SNSのトラブルを防ぐ新・必修スキル
「家庭でマスター!中学生のスマホ免許」
著者:ネット依存アドバイザー・遠藤美季
イラスト:坂本ロクタク
価格:1,200円(税抜)
出版社:誠文堂新光社
体裁:B5判
頁数:96ページ
《小林瑞季》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)