【高校受験2015】秋田県公立高校の確定志願状況、秋田西1.66倍

教育・受験 受験

志願状況
  • 志願状況
  • 学科別志願状況
  • 高志願倍率の学校(全日制)
  • 高志願倍率の学科(全日制)
 秋田県教育委員会は2月18日、一般選抜の志願先変更後の志願状況を発表した。全日制の志願倍率は1.03倍で、前年度の1.02倍と比べ0.01ポイント増加した。志願倍率がもっとも高いのは、秋田西(普通科)1.66倍であった。

 一般選抜は、2月10日(火)~13日(金)正午に出願、2月16日(月)~18日(水)正午に志願先変更を受け付けた。ただし、志願先変更締切り後の保護者の転勤等に伴う志願先変更は2月27日(金)正午まで受け付ける。

 志願先変更後の全日制の志願状況は、一般選抜募集人数6,233人に対し、志願者が6,429人で、志願倍率が1.03倍。学科別に見ると、普通科が1.04倍、英語科が0.77倍、農業科が1.19倍、工業科が1.01倍、商業科が1.08倍などとなっている。

 志願倍率がもっとも高いのは秋田西(普通科)1.66倍、金足農業(造園緑地科)1.65倍、秋田工業(建築科)1.54倍、金足農業(環境土木科)1.5倍、金足農業(生物資源)1.46倍、金足農業(食品流通)1.46倍が続いた。

 学力検査(国語・数学・英語の3教科)と面接等は3月5日(木)、合格発表は3月13日(金)午後1時~午後4時に行う。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)