【保護者の就活】面接ではどんなことが聞かれるの?

教育・受験 学校・塾・予備校

イメージ画像
  • イメージ画像
  • MyCareerCenter web
 就活生を持つ保護者の質問に、キャリアコンサルタントで就活情報サイト「MyCareerCenter web」を運営する高嶌悠人氏が答える連載「保護者の就活」。第27弾では、面接の質問について聞いた。

◆具体的にどんな質問がされているの?

 面接の質問についてですが、学生のキャラクター、人となりが分かるような質問がされるわけですが、どんな質問からもそれは知ることができるわけです。つまり、何が聞かれるか分からないといえるでしょう。ただ、一般的に聞かれる質問というのもあります。それは、履歴書やエントリーシート(※企業ごとに異なる履歴書だと思ってもらえればと思います)で聞かれる質問です。

 具体的には、自己PR(強みなどで言い換えられて聞かれる場合もあります)、学生時代がんばったこと、志望動機です。それ以外にも趣味や尊敬する人などさまざまな質問がされますが、よく聞かれる質問としては前述した3つの質問です。

◆面接での回答のポイントは?

 ポイントとしては、どうしてそう考えるのか、つまり「なぜ」の部分を添えて回答すること、です。

 冒頭で、面接では学生のキャラクターや人となりを理解するために行うと書きましたが、それは別にその学生が持つPRポイントがどこなのかや、学生時代がんばったことは何か、を知りたいわけでなく、どうしてそう考えるのか、を知りたいわけです。そこに、その人のキャラクターや人となりがにじみでるからです。また、「なぜ」の部分を意識しながら質問に回答するようにすると、自分自身の考え方や価値観について理解できるようになるので、自己理解(就活用語では、自己分析)にもなります。

 お子さまの面接の相手になることは難しいかと思いますが、たとえば「どうして~~を受けようと思っているの?」などの質問を投げることで、お子さまが自分の就職活動について考え直すきっかけになるかと思います。

---
 リセマム連載「保護者の就活」は、就活生や就活を控える学生の保護者からの質問に対し、キャリアコンサルタントであり就活塾「MyCareerCenter」代表でもある高嶌悠人氏がアドバイスや適切な回答を行うシリーズ。

 学生や保護者からの就活に関する質問は、「MyCareerCenter」お問い合わせフォームで随時送信が可能になっている。


《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)