安倍総理、ICTの活用や教師養成を求める…教育再生実行会議

教育・受験 学校・塾・予備校

ICTを活用した新たな学び(第七次提言素案参考資料)
  • ICTを活用した新たな学び(第七次提言素案参考資料)
  • 教員改革の方向性について(第七次提言素案参考資料)
 第29回教育再生実行会議が4月7日、総理大臣官邸で開催された。第7次提言素案について議論が行われ、安倍総理は、子どもたちの主体性や創造性などを育むため、ICTを最大限に活用し、これまでの教育を大きく変えていくことが必要であると述べた。

 教育再生実行会議は、21世紀の日本にふさわしい教育体制を構築し、教育の再生を実行に移していくことを目的に開催。内閣の最重要課題の1つとして教育改革を推進する。平成25年1月からこれまでに29回開催された。

 第29回教育再生実行会議では、「第7次提言素案―これからの時代に求められる資質・能力と、それを培う教育、教師の在り方について―」に関する議論が行わた。

 会議に参加した安倍総理は、「今後、主体的に課題を発見し解決に導く力や、既存の概念に捕らわれない創造性などを育むため、ICTを最大限に活用するなど、これまでの教育を大きく変えていくことが必要である」と述べた。また、改革を進めるためには教師ひとりひとりの能力が鍵であるとし、養成、採用、研修の見直しを検討する必要があるとの認識を示した。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)