【EDIX2015】添削×iPad、ICTを活用した中高生向けのZ会新講座

教育・受験 学校・塾・予備校

iPadスタイル メニュー画面 カメラ撮影で添削答案の送信も可能
  • iPadスタイル メニュー画面 カメラ撮影で添削答案の送信も可能
  • 模試成績管理画面
  • Z会展示ブース
 Z会は、5月20日に開幕した第6回教育ITソリューションEXPO(通称EDIX)で中・高校生コース対象のiPadを利用した通信講座「iPadスタイル」を展示している。同サービスは2014年11月より受講受付をし、2015年に開講されたもの。

 iPadスタイルは、Z会の通信添削のほか映像授業や確認問題、そのほかスケジュールや模試成績の管理ができる機能を搭載した複合的な受験サポートサービス(一部機能はコースにより非対応)。

 中1、高1・2年生向けコースで対応する「映像授業」や「確認問題」はiPadを利用した通信講座ならではの機能で、単元ごとの学習や知識の定着を支援するもの。また、従来の通信添削の答案をiPadカメラで撮影し提出することもでき、およそ3日後に返却される早さもiPadスタイルならではの特徴だ。

 ブースでは、実際にiPadスタイルを利用することが可能。一般的な模試をプルダウンメニューから選択し、目標設定や自己採点、結果入力を行うことで成績管理が行える機能も利用できるほか、効率的に学習を進めるためのスケジュール管理機能の操作も体験できる。

 Z会ラーニング・テクノロジ事業部長 山田学歩氏によると、春に中学生向けコースに入会した生徒の約半数は、iPadスタイルでの受講を希望したという。同サービスは現在iPad、iPad miniに対応している。

 EDIXは、5月22日まで東京ビッグサイトで開催される。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)