内閣府、子どもの未来応援国民運動のための愛称など募集

生活・健康 その他

募集のチラシ
  • 募集のチラシ
  • 応募用紙
 内閣府は6月2日、子どもの未来応援国民運動のための「シンボルマーク」「国民運動の愛称」「キャッチフレーズ」の募集を開始した。締切りは7月10日必着。電子メールまたは郵送で応募する。

 平成26年1月に子どもの貧困対策の推進に関する法律が施行され、同年8月には「子供の貧困対策に関する大綱」が閣議決定された。そこで内閣府では、文部科学省や厚生労働省、日本財団と協力して、「子供の未来応援国民運動」を展開していく。

 今後、子どもの貧困対策のための各種事業を展開するにあたり、その象徴となるシンボルマーク、国民運動をより身近なものとして意識できるような愛称およびキャッチフレーズをそれぞれ募集する。

 募集期間は6月2日~7月10日必着で、誰でも応募可能。応募用紙に必要事項を記入のうえ、作品を電子メールまたは郵送で送付する。電子メールの場合は、まず登録フォームより申し込む。1人何点でも応募できるが、1つのファイルまたは用紙に1つの作品を記載すること。

 審査を経て、「シンボルマーク」「愛称」「キャッチフレーズ」について、それぞれ1作品を最優秀作品として決定し、担当大臣より表彰を行う予定としている。

◆子どもの未来応援国民運動のためのシンボルマークと国民運動の愛称、キャッチフレーズ募集
募集期間:平成27年6月2日(火)~7月10日(金)まで(必着)
応募方法:電子メールまたは郵送
応募資格:誰でも応募できる
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)