女子学生優良企業ランキング…チャレンジ志向女子の1位は明治安田生命

教育・受験 その他

昭和女子大学女性文化研究所
  • 昭和女子大学女性文化研究所
  • チャレンジ志向の女子学生にお勧め(証券・保険・金融業)
  • 「バリバリ仕事がしたい!」女子学生にお勧め(証券・保険・金融業)
  • 「バリバリ仕事がしたい!」女子学生にお勧め(電気機器業)
  • 「出産・育児を越えて就業継続」したい女子学生にお勧め(電気機器業)
 昭和女子大学女性文化研究所は、「女子学生のための優良企業ランキング第4回(証券・保険・金融業、電気機器業)」を発表した。女性のライフスタイルにわけて調査し、「チャレンジ志向」の女子学生にお勧めの証券・保険・金融業では、明治安田生命保険が1位となった。

 ランキングは、同研究所の「女子学生のための企業評価プロジェクト」がまとめた。「CSR企業総覧2015年版(東洋経済新報社)」のデータから、女性の平均勤続年数、両立支援制度、役職登用率、多様な人材活用などを指標に、女性が働きやすい企業を調査。今回対象の企業は、「CSR企業総覧」に掲載された電気機器業91社、証券・保険・金融(銀行を除く)33社。

 証券・保険・金融業でチャレンジ志向の女子学生にお勧めは5社。上位3社は保険業となった。1位は明治安田生命保険で、勤続年数は15.9年で業界トップ。有給休暇取得率は66.5%、役員女性比率は5.9%と業界の平均を上回っている。2位のT&Dホールディングスは多様な人材活用部署、フレックスタイム制度、FA制度を備えている。3位の第一生命保険の女性管理職比率は18%以上と高い。4位はオリックス、5位はSMBC日興証券となっている。

 また、「バリバリ仕事がしたい!」女子学生にお勧めとして6社を挙げている。1位のクレディセゾンは管理職女性比率が42.8%と業界トップクラスで、部長以上は14.1%となっている。2位の日本生命保険は男性の育児休暇取得率100%はよく知られている。3位は東京海上ホールディングス、4位は朝日生命保険、5位は大和証券グループ本社、6位はSBIホールディングス。

 電気機器業では、チャレンジ志向の女子学生に5社をピックアップ。1位のソニーなど上位5社に共通するのは、女性の勤続年数が16~19年と長いこと。ソニーと3位のコニカミノルタでは男性の勤続年数を上回っているのが特徴だ。2位はNEC、4位は東芝、5位は富士通。

 「バリバリ仕事がしたい!」女子学生にお勧めの1位は、部長職以上に占める女性比率 が5.0%と業界1位のシスメックス。2位は2020年までに女性管理職1,000人を掲げる日立製作所。3位は富士ゼロックス、4位はTDK。

 「出産・育児を越えて就業継続」したい女子学生向けの1位はセイコーエプソン。勤続年数は22.3年で業界2位の長さ。短時間勤務制度、フレックスタイム制度、育児サービス費用補助制度を備え、子育て支援制度が整っている。2位は横河電機、3位は三菱電機、4位はリコー。5位の日本信号は女性の勤続年数は22.6年と業界91社のうち最長である。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)