【夏休み】的川氏講演も…横浜市中央図書館で宇宙企画展

教育・受験 その他

講演会プログラム
  • 講演会プログラム
  • 展示内容について
  • 展示内容について
  • はまぎんこども宇宙科学館
 横浜市中央図書館は、8月31日まで「中央図書館が宇宙になる!」と題した企画展を開催している。図書館の各コーナーで宇宙に関する展示が行われているほか、8月22日には親子向け講演会「日本の宇宙開発の未来~はやぶさ以後~」が行われる。

 会期中、横浜市中央図書館では各階で宇宙に関するテーマを設け、パネルや所蔵資料の展示を行っている。1階ティーンズコーナーでは、宇宙や星に関する絵本や物語、児童書などを展示しているほか、JAXA提供の宇宙開発に関するパネル展示や、陸地観測技術衛星2号「だいち2号」から見た写真などが紹介されている。

 また、8月22日には、はまぎんこども宇宙科学館の的川泰宣館長による親子向け講演会「日本の宇宙開発の未来~はやぶさ以後~」を実施。2014年末に「はやぶさ2」が打ち上げられるなど、「はやぶさ」以降もさまざまな宇宙開発事業に取り組んでいる日本の宇宙開発の未来について、日本の宇宙開発の第一線で活躍してきた的川泰宣館長が興味深い話を聞かせてくれる。

 講演会の参加対象は小学生~中学生、小学生は保護者同伴での参加となる。参加定員は160名で、事前の申込みが必要。往復はがき、メールにて8月15日まで申込みを受け付けており、応募多数の場合は抽選となる。

◆中央図書館が宇宙になる!
【企画展示】
期間:2015年7月22日(水)~8月31日(月)
会場:横浜市中央図書館各階
内容:中央図書館各階で宇宙に関するパネルや所蔵資料を展示
参加:無料

【親子向け講演会「日本の宇宙開発の未来~はやぶさ以後~」】
日時:8月22日(土)14:00~15:30
会場:横浜市中央図書館 地下1階ホール
対象:小学生~中学生(小学生は保護者同伴)
定員:160名(応募多数の場合は抽選)
参加費:無料
申込方法:往復はがきまたはメールにて申し込む
申込締切:8月15日(土)必着
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)