蚊の模型作りや感染症クイズ、感染研10/3一般公開

教育イベント 小学生

国立感染症研究所・一般公開のポスター
  • 国立感染症研究所・一般公開のポスター
  • タイムテーブル
  • 国立感染症研究所・一般公開のポスター
  • 国立感染症研究所
 国立感染症研究所は、一般公開を10月3日に実施する。写真展や標本展示のほか、病原体模型の組立てやゲームコーナーなど小学生が楽しめるイベントもある。入場無料。参加予約不要。講演、ラボ見学などは先着順。

 一般公開のテーマは、「いっしょに考えよう、感染症のあれこれ」。同テーマのもと、当日はさまざまなイベントが実施される。感染症や同研究所の仕事についてのパネル展示や寄生虫などの標本展示をはじめ、同研究所で行っている感染症研究の一部を見学・体験できるラボ見学、ジビエについてのクイズを通して、野生生物の感染症を学ぶ感染症クイズなどが行われる。

 また、インフルエンザなど話題の感染症についての講演会や、感染症について研究者と話せるサイエンスカフェでは、研究者から研究内容や業務についてわかりやすく話を聞くことができる。

 小学生からでも参加できるイベントとして、遊びながら感染症について学べるすごろくや、病原体を媒介する蚊の模型作り、病原体のジグソーパズル、風船で病原体を作るバルーンアートなどのコーナーがある。

 入場は無料。参加予約不要。講演、ラボ見学、サイエンスカフェ、感染症クイズなどの参加は当日先着順受付。イベントごとに開催時間や参加対象は異なる。詳細はホームページで確認できる。

◆国立感染症研究所一般公開
日時:10月3日(土)10:00~17:00(入場は16:30まで)
場所:国立感染症研究所戸山庁舎(新宿区戸山1-23-1)
入場:無料
参加予約:不要
※イベントによっては先着順に参加受付。定員になり次第受付終了
《塩田純子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)