21か国250名の高校生が集う国際科学研究フェア、立命館高で開催

教育イベント 高校生

Japan Super Science Fair 2015
  • Japan Super Science Fair 2015
  • 立命館中学校・高等学校
 立命館高校は、11月2日~6日までの5日間、世界21か国・地域から約250名の高校生が集う国内最大級の国際科学研究フェア「Japan Super Science Fair 2015」(JSSF2015)を開催する。五大陸すべてから高校生が集い、英語を共通言語にともに学び合うという。

 立命館高校は、2002年度より文部科学省からスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受けており、探求型学習スタイルを教育の重要な柱とした新しい科学教育に取り組んでいる。また、生徒自身の英語運用能力伸長に向けての意識を高めることも科学教育における重要な課題として、英語を用いて科学を学ぶ実践の場となるJSSFを開催している。

 JSSFは、2003年にスタートした今回で13回目となる国際科学研究フェア。毎年、世界各国・地域の理数教育重点高校や国内のスーパーサイエンスハイクールを中心に、優れた理数教育を実践している高校の生徒約250名が集い交流を行う。

 JSSFでは、使用言語をすべて英語とし、科学交流によるネットワーク構築を目的としたさまざまなプログラムを組んでいる。2015年は、サイエンスに関する科学研究口頭発表や、ポスターセッション、国や学校の枠を超えたグループでの課題解決型ワークショップを開催。さらに、大学教員による特別講義や、最先端の研究・開発に取り組むグローバル企業の見学などが実施されるという。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)