英検、2/21実施第3回二次試験の合否結果・成績表の閲覧開始

教育・受験 その他

英検
  • 英検
  • 合否閲覧サービス・ログイン画面
  • 英検ID・パスワード記載場所(受験票・本人確認表)
  • 英検IDの記載場所(個人成績表)
 日本英語検定協会は3月1日、「2015年度第3回実用英語技能検定二次試験」の合否閲覧サービスを開始した。団体向けの発表はすでに午後2時より公開しており、午後3時からは個人向けの閲覧を開始する。閲覧には、本人確認表に記載されている英検IDとパスワードが必要。

 2015年度第3回検定の二次試験は、1級~3級の一次試験合格者および一次免除の出願者を対象に2月21日に本会場にて実施された。二次試験の合否通知および合格証書・合格証明書は3月7日に郵送にて届く予定となっている。

 二次試験の合否結果・成績表の閲覧は、3月1日の午後2時に団体責任者向けに開始。午後3時には個人向けに閲覧を開始する。試験結果ページより個人・団体別にログインし、二次試験の合否結果を閲覧できる。なお、ホームページでは閲覧サービスを利用する際に必要な受験票・本人確認表の英検IDとパスワードの記載場所なども紹介している。

 次回、2016年度第1回検定は、3月18日~5月20日(書店は5月18日締切)まで申込みを受け付け、6月10~6月12日に一次試験を、7月10日に二次試験を実施予定。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)